おすすめの絵本

  • これまでのおすすめ絵本

実際に手にとった絵本を紹介します。 子どもたちに読んだ絵本については、その反応や、読む際のちょっとしたコツも掲載します。 子どもたちばかりでなく、大人自身が読んでホッとする絵本も紹介していきます。

 

これまでのおすすめの絵本

 

タイトル『ちょっとだけ』

作:瀧村有子
絵:鈴木永子
出版社:福音館
金額(税込み):840円
ご購入はこちら

■絵本の内容

弟が生まれて、おねえさんになったなっちゃん。お母さんを独り占めできなくなりました。おねえさんだから、牛乳を注ぐのも、パジャマを着るのも、自分でがんばってみます。“ちょっとだけ”うまくいきました。でも、眠くなったときは、お母さんに甘えたくなります。「“ちょっとだけ”でいいからだっこして」とお母さんにお願いすると、お母さんは「ちょっとだけ? いっぱいだっこしたいんですけど、いいですか?」ステキな母子の時間が流れます。


■しんちゃんからの一言

子どもは子どもなりに、いじらしいくらいに精一杯、生きています。お母さんも、朝から晩まで頑張っています。ほんの少し、子どもの気持ちを想像すると、切ない気持ちがこみあげてこないですか?その切なさがあるから、短い時間でも、子どもに相対したとき、とっておきの安心感を与えてあげられるのだと思います。がんばれ、子ども! がんばれ、お母さん!