おすすめの絵本

  • これまでのおすすめ絵本

実際に手にとった絵本を紹介します。 子どもたちに読んだ絵本については、その反応や、読む際のちょっとしたコツも掲載します。 子どもたちばかりでなく、大人自身が読んでホッとする絵本も紹介していきます。

 

これまでのおすすめの絵本

 

あさになったのでまどをあけますよ
タイトル『あさになったのでまどをあけますよ』

作者:荒井良二
出版社:偕成社
金額(税込み):1,365円
ご購入はこちら

■絵本の内容

窓から見える日常の様々な景色が、とてもきれいに描かれています。山の景色、都会の景色、海辺の景色。帯にはこう書かれています。「なにげない日々のくりかえし。そのなかにこそあるたしかな希望。生きることのよろこび」。大人の人が、自分自身でページをめくって、絵をながめているだけで、心が癒されます。

■しんちゃんからの一言

都会に住む人、山間部に住む人、海辺に住む人。どの人にも、自分が一番、心落ち着くページに出会えます。荒井良二さんの新境地です。